2020年01月17日

意識して呼吸をする

先日、気持ちよくなったりお互いにプレイを楽しむには「反応」をすると良いという旨のブログを書きました。

しかし、ソレが苦手な人はそもそもどう反応すれば良いかがわからなかったりするので、簡単なコツを書いておきたいと思います。


一番簡単に出来そうな事は「口を開けて呼吸する」ことです。

(縄やプレイの最中に徐々にそうなっていく様を観察し感じとるのが好きなのはただの私の嗜好なので横に置いておくとして…)


口を開いておくと、呼吸が大きくなり身体に起こる変化が自分にも相手にもわかりやすいし声が出やすい。声までいかなくても声にならない声や変化が出しやすいのです。


自分で自分の乱れた呼吸を感じとれば、自分がいかにセクシーに被虐的に反応出来ているか想像すれば、脳がどんどんエロモードにシフトしていってくれますよ。


それをまず一歩だと思って、二人で織りなす時間を楽しんでいきましょう。

image1.jpeg

posted by ブログ at 11:45| 日記

2020年01月14日

反応する

自分の感覚を引き上げたり、相手を興奮させたり喜ばせたり、自分の意思を伝えるのには「反応する」のが良い。


無反応ではいけない。


誰がただただ静かな肉の塊を縛り鞭打ちたいだろうか、可愛がりたいだろうか。


相手を喜ばせたい性癖の人も自分がもっと楽しみたい人も「反応」して「今自分がどんな状態なのか自分と相手に示し続ける」事が大切だ。


image1.jpeg

posted by ブログ at 16:09| 日記

2020年01月09日

二人三脚

上質な快感を得たいと願うならイメージトレーニングは必須科目。日々されたい事や乱れた自分をイメージし、それに興奮し、されたいされたいされたいと願い続ける。

それを繰り返しいく事によって、その願望が叶う瞬間に爆発的な胸の高鳴りが起こるのだ。そしてそれが身体の感度を格段に引き上げ、脳が全ての刺激を快楽に変換するようになる。


SMによる調教は責め手だけがするものと思われがちだが、本質は受ける方にこそある。二人三脚でよりよい時間を持てるようプレイを楽しんでいこう。


image1.jpeg

posted by ブログ at 17:15| 日記

2020年01月01日

あけましておめでとうございます

image1.jpeg


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
posted by ブログ at 09:10| 日記

2019年12月20日

与えられたいもの

マゾとして虐められたいという願望の内容は多様。様々な責めを経てマゾが何を感じたいかも多様。


緊縛を通して変化する感覚を楽しんで欲しい。縄が貴方にもたらす感覚に浸って欲しい。


その様子を見て、私は貴方に何をするかまた決めていくだろう。


優しく撫で続けるのか、縄を締め上げるのか、尻を叩くのか、苦しめるのか、可愛がるのか、貴方の様子を見て私が与えたいと思ったものを与えるだろう。


それが貴方のマゾの喜びになると信じて。


image1.jpeg

posted by ブログ at 15:49| 日記