2015年11月22日

締め上がる身体

写真.JPG


体に縄がかかる。
一本…また一本。

縄が増えるたびじわじわと体が締め上げられていくのが解る。

肉体が一つの塊としてはっきり輪郭を持ちだす。

厳しい縄。
ぎっちりと食い込んでいるけれど痛いわけじゃない。
ただ一つの身動きもとれず息だけが深く荒くなっていく。

このホールド感を求めていた。
posted by ブログ at 11:06| 日記

2015年11月21日

ペニバンで雌イキ

写真.JPG


熱くうねる穴に擬似ペニスの先をあてがうと、細い悲鳴にも似た息が漏れた。

「…待ち侘びてたわね。」

もう焦らすことはせず一思いにズンっと穴を貫いてやる。
男は声にならない声をあげ、全身を喜びに震わせる。

そうして、繰り返し繰り返しくる波に溺れるようにオーガズムを貪り続ける。時に大きく、時に小さく…その身をコントロールに委ねながら。

「おかしく…っおかしくなっちゃいますうぅぅぅ!あああああぁぁぁ!?」


良かったわね。
ここには…狂いに来たんでしょ。
posted by ブログ at 21:41| 日記

2015年11月19日

ペニバンで雌イキ

写真.JPG



緊張と期待を入り混じらせふるふると小刻みに震える尻をジッと見つめる。その中心の恥穴が時折ひくついてすぼむのを観察するのだ。

ぴっちりしたラバーグローブをキュッとはめ、その指先にたっぷりのローションを垂らす。入り口辺りを撫でるとなんとも甘い声が出る。

「まだイッちゃ駄目よ。小刻みにイクんじゃなくて、大きくいかせてあげる。」

穴の中を優しく…やらしく…こ擦り上げる。オーガズムの波は既に起こっている、後はその波をさらに大きくするだけだ。
ドライを熟知した責め手には「ドライの波が見える」その穴の収縮・身体の痙攣・呼吸全てを感じ取りリズミカルに指を動かす。

やがて堪らないと言わんばかりの反応が出だす。

「イクゥ!イクゥー!!」

イッても良いよと伝え、指を一際速く動かしてやると…叫び声とともにガクガクと大きな痙攣。
その痙攣は何度も続き、少し肌を撫でるだけで再び小さく達する。それは数十秒にも数分にも続く…これが深い深いドライオーガズム【雌イキ】

トロンとした顔…。全身性感帯になった身体…うわ言のように「気持ち良い」と繰り返す。


「随分だらしない姿ね。淫乱。さあ、まだまだこれからよ…?」

私は髪をグッと掴み首を後ろに仰け反らせた。


続く
posted by ブログ at 16:55| 日記