2018年12月29日

変態への誘い

image1.png
「誘い」と書いて 「いざない」

そう読むとなんだか響きが妖艶ですわ
抵抗も虚しく導かれるような雰囲気に満ちてますわ

抗えない変態への第一歩は格好から

好きなフェチコスチュームを着けるも良し
女装するも良し
縛られて落書きされるも良し

自らに相応しい装いに昂ぶる心
そして昂ぶる愚息

その愚息まで縛り上げられたら準備は万端

心ゆくまで弄ばれるしかない
posted by ブログ at 17:41| 日記

2018年12月18日

メッセージ

image1.jpeg
メッセージを送ってくださる時に返信できるアドレスをつけてください。
いただいたメッセージには必ず返信するようにしています。返信がない場合は何かしらの不具合があるはずですので、送ったメッセージを今一度ご確認ください。
posted by ブログ at 23:07| 日記

縛られて

image2.jpeg


縛られて
動けなくなって
責められて
解放して

自分じゃなくなっていく
posted by ブログ at 16:36| 日記

2018年12月11日

拡張

私のところへは様々な緊縛依頼・開発依頼と共に「拡張調教」のご依頼もよくいただきます。


・お尻の穴を拡げたい

・穴の奥を拡げたい

・穴に手や腕を入るようにして欲しいetc


(※感じるようにして欲しいは開発依頼に分類されます)


「拡げる」と一口に言いましても皆さんそれぞれに苦労されてきているようです。自分一人での挑戦には限界があったり、人に依頼してみてもただ痛みを与えられてしまった経験があったり…。

アナルはやたらめったら闇雲に押すだけでは広がりません。開きやすい環境を整える前準備や、一人一人にあった体勢やスピード、呼吸法などなど様々な技術があってこそ安全に円滑に広がりを見せていくのです。


そして開発と拡張を分けて考えることも大切です。開発と拡張この二つは指や腕の動き、雰囲気の作り方までまるで異なります。


拡張した上でどのような事を目的としているのかしっかりカウンセリングさせてもらってから、貴方の穴に向かい合います。二人の目的が食い違っていると手の動きが変わり、受ける側に「あれ?この苦しさや気持ち良さはなんのためのものだったかな?」と不安が生まれ開発も拡張も気づかないうちに深層心理が受け入れられなくなってしまう恐れがあるからです。


貴方の穴を開くのは、貴方自身が開く時。


その時の素直な気持ちを一緒にお話して…ドキドキした期待は無くさず、ハラハラした不安を消してアナルプレイに挑んじゃいましょう♪


それでは12月後半もプレイご予約お待ちしています。


image1.jpeg

posted by ブログ at 21:16| 日記

2018年12月08日

この穴は?

image1.jpeg


ズッポリと深く埋まった私の拳…

この穴は慣れ親しんだベテランマゾの穴?いいえ、この日がSMクラブ初体験の初対面のマゾの穴。

初めての調教でこんなにも太いモノを咥え込むだなんて、驚き。変態のモチベーションって計り知れないものがあるわね。

他にも前の穴も拡げてみたり、縛られてみたり、浣腸されたり、叩かれてみたり、様々なことにチャレンジ。初めてのクラブを堪能したみたい。一生懸命 足を舐める姿が印象的だったわ。
posted by ブログ at 07:34| 日記