2018年12月18日

縛られて

image2.jpeg


縛られて
動けなくなって
責められて
解放して

自分じゃなくなっていく
posted by ブログ at 16:36| 日記

2018年12月11日

拡張

私のところへは様々な緊縛依頼・開発依頼と共に「拡張調教」のご依頼もよくいただきます。


・お尻の穴を拡げたい

・穴の奥を拡げたい

・穴に手や腕を入るようにして欲しいetc


(※感じるようにして欲しいは開発依頼に分類されます)


「拡げる」と一口に言いましても皆さんそれぞれに苦労されてきているようです。自分一人での挑戦には限界があったり、人に依頼してみてもただ痛みを与えられてしまった経験があったり…。

アナルはやたらめったら闇雲に押すだけでは広がりません。開きやすい環境を整える前準備や、一人一人にあった体勢やスピード、呼吸法などなど様々な技術があってこそ安全に円滑に広がりを見せていくのです。


そして開発と拡張を分けて考えることも大切です。開発と拡張この二つは指や腕の動き、雰囲気の作り方までまるで異なります。


拡張した上でどのような事を目的としているのかしっかりカウンセリングさせてもらってから、貴方の穴に向かい合います。二人の目的が食い違っていると手の動きが変わり、受ける側に「あれ?この苦しさや気持ち良さはなんのためのものだったかな?」と不安が生まれ開発も拡張も気づかないうちに深層心理が受け入れられなくなってしまう恐れがあるからです。


貴方の穴を開くのは、貴方自身が開く時。


その時の素直な気持ちを一緒にお話して…ドキドキした期待は無くさず、ハラハラした不安を消してアナルプレイに挑んじゃいましょう♪


それでは12月後半もプレイご予約お待ちしています。


image1.jpeg

posted by ブログ at 21:16| 日記

2018年12月08日

この穴は?

image1.jpeg


ズッポリと深く埋まった私の拳…

この穴は慣れ親しんだベテランマゾの穴?いいえ、この日がSMクラブ初体験の初対面のマゾの穴。

初めての調教でこんなにも太いモノを咥え込むだなんて、驚き。変態のモチベーションって計り知れないものがあるわね。

他にも前の穴も拡げてみたり、縛られてみたり、浣腸されたり、叩かれてみたり、様々なことにチャレンジ。初めてのクラブを堪能したみたい。一生懸命 足を舐める姿が印象的だったわ。
posted by ブログ at 07:34| 日記

2018年12月02日

緊縛は心を開く

image1.jpeg
緊縛愛好家達は「縄でイク・脳でイク」という事が絵空事ではないと知っている。

それはら「心が繋がる・満たされる」という事だとも。

私はソレをプレイを調教を通してM男性に伝えていきたいと考え実践している。

男性の中には「射精=オーガズム」のイメージが根強くあるから女性よりもほんの少し難しいんだけど、全身でイクこと・何度もイクことは本当に出来るようになる。

男性がアナルでイクように、男性も縄でもイク。全身でイク。何度もイク。

SMの中で何度もイク事だけが大切なわけじゃない。
でも、射精にこだわらないプレイというのは一つの解放だし無限の可能性だ。

それを見せてあげたい。
人に任せきる幸せをあげたい。



脳イキ出来るようになることは、決してゴールではありません。
脳イキ調教は脳イキ調教。脳イキ出来るようになってからが貴方のマゾ人生の新しい始まりとも言えるでしょう。

無限の可能性が広がっています。
posted by ブログ at 22:06| 日記

2018年11月30日

心の扉

image1.jpeg
SMは心の扉を開いていく遊びです。

初めてSM倶楽部の扉を叩くまでに、貴方にはいくつの葛藤がありましたか?
そして、その中で女王様に無事に身を委ねる事はできたでしょうか?
それとも身を委ねる事に、まだ不安があったでしょうか?
何か酷い事をされてしまうのではないかと、心と身体を強張らせてはいませんでしたか?

それを心の扉が開いてない状態と言います。

その状態のままでは、貴方が本当に求めているものにはたどり着けません。

「僕が求めているものなんてよく解らない…」と貴方は思うかもしれません。

だけど大丈夫。貴方が本当に求めているものは、貴方よりも女王様の方が解っているものです。

女王様は沢山の時間をM男性の心理や肉体の追求に費やしてきています。そしてそれを叶えるだけの技術も同時に手に入れてきているのです。

貴方をマゾとしてより良い状態に導く為に最善を尽くすでしょう。

そしてM男性自身もそれに応えなくてはプレイは向上していきません。

応えると言っても、無理をして痛みや命令全てを受け入れるという意味ではありませんよ。
大切な事は女王様の視線が指先が指示が何を表しているのかを、真摯に感じ取ろうとすることです。

それは心の扉を一つ開くという行為でもあるのです。

素直な気持ちで身を委ね、なされていく行為の一つ一つに五感を研ぎ澄ましていく。
女王様の指先は、心をそして身体を開いていく為、手探りしながら段階を経て貴方を責めていきます。

そうやって身を任せるうちに脳はドライ状態まで導かれていきます。

ドライ状態に入ったSMは倒錯的で官能的。貴方は今までに知らなかった自分と出会い、喜びをみつけるでしょう。

「この人は僕を上手に扱って、何かを与えようとしてくれている…。」

そう感じる事が、信頼をするという事。

信頼するという事は、心の扉を開くという事。

心の扉を開くという事は、貴方の脳が陶酔、即ちドライ状態に近付いていくという事なのです。
posted by ブログ at 15:52| 日記